HOME>記事一覧>物件オーナーは物件購入だけでは利益を生むことはできず、運営するためにはさまざまな業務を日々行います。

入居者に過ごしやすい環境つくり

住宅模型とお金

賃貸物件のオーナーとして、物件の清掃や保守、リフォームなどの建物に対してフォローしていくこととなります。清掃やゴミなどの管理、設備の保守、リフォームなどさまざまな業務が日々発生してきます。建物は雨風といった自然からの影響は毎日のように何かしら受けることになるため、時間と共に劣化が徐々に進んでしまうため、修繕や塗装など定期的に行うこととなります。空室の部屋もそのままにしているといつの間にかほこりがたまりますし、水を流していないと排水管などから嫌な臭いが発生してしまいます。入居者に快適に日常を過ごしてもらうためには、建物の保守や清掃が必要になりますが、オーナーだけでは管理が難しくなるため賃貸管理を委託利用をして、入居者に過ごしやすい建物作りを行うと、空室回避にも繋げることが可能になります。

利益を生む活動も日々必要

賃貸物件のオーナーは建物管理だけでなく、賃料の回収や空室募集、ときにはクレーム対応などの業務も発生します。物件の清掃や保守などは建物を相手にすることとなりますが、賃料回収やクレーム対応などは入居者や不動産会社など人との対応となるためコミュニケーション能力を発揮することとなります。オーナーとしてさまざまな書類作成業務や募集案内、入居者には家賃回収や入金管理、滞納、ときにはクレーム対応など、日々行う業務は多数にあります。賃貸管理を委託依頼をするとオーナーに代わって管理業務を行ってもらうことができます。賃料回収や空室回避などで利益を発生させることによって、賃貸運営を行うことができます。